ホステスを辞めるまでSTEP1 愛彩×美容&ファッション&ハンドメイド

ホステスを辞めるまで

人間嫌いのアラサーホステス愛彩 (@arisa74m) です。

資格も職歴も輝かしいものはございませんが

何ならできるかな。何なら続けられるかな。

と考えてみた結果、いくつか好きなこと得意なことが浮かんできました。

今回は好きなことを語りながら、ホステス卒業の糸口を探してまいります。

ホステスに限らず同世代の女性は共感していただける内容かなと♪

愛彩の三大趣味

  • 美容
  • ファッション
  • ハンドメイド

仕事柄?というか、女だから?

美容、ファッション

そういったことは特に好きです。

また、インドア趣味の延長線で、ハンドメイドも趣味の一つです。

そのあたりのジャンルで何かできないかな。

好きなことで食ってけねーかな。

と。

今一度自分の好きなことを見つめ直してみます。

愛彩×美容

美容に関しては、一応。本当に一応。

気をつけているつもりではあります。

太ったり、肌荒れしたりするとすぐにお客さんやママから指摘されてしまいますし…

一定レベルを維持できないと食いっぱぐれてしまいます。

自分自身が商売道具なので、磨くのも仕事のうちですからね。

(突然のプロ意識)

美容にはお金もかけるし、情報収集も惜しまない。

他の人間にお金も時間もかけていないので、必然的に自分に割いている現状です。

一言に美容といっても

ボディライン、フェイスライン、脱毛、美白、美肌、歯、髪、メイク

いろいろと必要なわけでして、もう研究に研究を重ねてますよ。

荒れやすい肌

特に肌に関しては荒れやすいので、化粧品も成分を必ず確認してから使います。すごくこだわってます。

そこはもっと勉強したいな。

もっときれいになりたいもんね。

続かないジム

ボディラインは、ジムに行ったり行かなかったり。

登録はしてるけど、毎日は行ってない状態ですので、今後習慣づけるのが目標ですね。

メイクは匠と呼んでほしい

メイクに関しても、継続して研究が必要だと感じてます。

ただ、もう匠レベルだとは思う。

仕事の時は、濃いナチュラルメイクです。

一番男ウケがいいやつ。

マツエクもつけまも卒業しました。

カラコンは未だ卒業できず。

ナチュラルなのだけどね。

太陽と顔を合わせない日々

あと、この時期の敵は日焼けですよね。

銀座のホステスは焼いてはいけないんですよ。

でもゴルフにも行かないといけないのよ。矛盾〜

チワ坊の散歩も日が暮れてからが多いのですが

日光に当たらないとと幸せホルモンが出ないと聞き

彼の幸せのために私は一緒に日を浴びようと思いました。

これぞ愛。愛以外の何物でもない。愛。愛してる。

最後はプロ頼み

長々と美容のお話をさせていただきましたが、

自分でどうにもならないことはきちんとプロにお任せします。

偉大なるガッキーも、困ったらプロと仰っていたので。

愛彩×ファッション

ファッションに関しましては、

  • 店に出勤するための服、同伴の服
  • 店で着る服
  • 私服、カジュアルver.
  • 私服、キレイめver.

とパターンが必要なのです。

店に出勤するための服、同伴の服

面倒くさがりの私だから必要なだけだとは思うのですが、私服とは別に用意しています。

ポイントは着脱のしやすさです。

ヘアセット終わってからでも簡単に脱げる

前開きかVネックが嬉しい

でも谷間は隠せる

寿司屋からバーまで対応できるレベルのおしゃれさ

以上が愛彩的出勤のための服の条件ですね。

なぜ着脱重視かというと、アフターのためです。

別にアフターですぐ脱げるようにではなく…

もう荷物全部用意して帰るぞって時に、アフター行こうよ。送ってくよ。

と言い出すパターンもありまして、

ママやお姉さんに「ほら、早く。」という目をされ、

お客さんが席から出口に着くまで、数秒での仕度を強いられることがあるのです。

自分のお客様ならまだしも、ママやお姉さんのお客様を待たせるわけにはいかない。

そしてあんまりダサすぎる服は着れない。

という厳しい条件を通り抜けた、厳選された服が必要というわけです。

店で着る服

もうこれは完全な仕事着です。

でも一番好きかもしれない。

かわいいドレスやワンピースを着て着飾るのは正直楽しいです。

こんなに嫌な仕事だけど、ドレスを選んでる時、メイクをしてる時は楽しい。

すごい、人間の女子っぽいw

なので、店で着る服は

私が一番きれいに見えて、着ていて楽しい服です。

あとはその日来店するお客様の好みに合わせて選ぶ感じかな。

奴らも意外と覚えてて、前もそれ着てただの、何かイメージと違うだの

ケチつけるからね。

ケチつけられたら、

「じゃあ○○さんお好みのドレス買ってよ。」

とねだるのがセオリーなのでしょうが、

私はドレスは自分で選びたいからあんまり言わない!

私服、カジュアルver.

これに関しては本当に遊びに行く服なので、好きなものを着てます。

すごいダサい日もある。

でも顔が老け顔だから、カジュアルなの似合わないのよね〜

でも着るよ。

一緒に歩くのチワ坊だからね。

文句言わんし彼。

デニムにTシャツとかなんですが、

結局スタイルが良ければなんでもかっこよく着こなせると思うのですよ。

そういうスタイルになりたい。

私服、キレイめver.

これは、人間界へ出るときの正装といったところでしょうか。

美術館行く時とか。おしゃれなお店行く時とか。

マウント女子会、合コンもキレイめ愛彩ですね。

傷の舐めあい女子会はカジュアル愛彩です。

ちなみに映画館はカジュアル愛彩で行きます。暗いので。

でもねでもね、

映画館ってカップル多いのね。

カジュアルすっぴん愛彩で行くとちょっと浮く。(改善する気はない)

美術館へは、絶対にスニーカーもしくはぺたんこで行くというポリシーです。

 理由 
・静かなのでコツコツ響くのが嫌だ
・立ちっぱなしでたくさん歩く
・目が悪くて、前傾姿勢で絵を見るので腰が痛くなる

足元はぺたんこですが、

洋服は一張羅を着ていきますよ!

美術館へ行く時が一番おしゃれをしよう!と思いますね。

愛彩×ハンドメイド

ハンドメイドは昔からの趣味です。

アクセサリーなどの小物から、棒編みかぎ編みもやります。

チワ坊と暮らす前は、アクセサリーを作っていたのですが、

パーツや針が床に落ちてチワ坊が口にしてしまうと恐ろしいので

最近はもっぱら編み物です。

チワ坊の毛も一緒に編み込みながら作っています。

またアクセサリー作りを再開したいと思っているので、環境を整えていかないと。

アトリエほしい。

お部屋たくさんほしい。

最後のご挨拶

今回は好きなものについてお話をさせていただきました。

やっぱり楽しいですね。

どんどん書けた!

今後これらの中から何か仕事につなげていきたいな。

とりあえず今回はひたすら語っただけになってしまった。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

愛彩

コメント

タイトルとURLをコピーしました