【僕のワンダフルライフ】あらすじと感想。ネタバレあり。続編「僕のワンダフルジャーニー」も絶賛公開中!

趣味

人間嫌いのアラサーホステス愛彩 (@arisa74m) です。

現在公開中の「僕のワンダフルジャーニー」の前作「僕のワンダフルライフ」のあらすじや感想をご紹介します。

自己紹介でも触れている通り、私は相棒のチワワ、通称チワ坊に全愛情を注いでいる犬バカ人間なのですが、

この映画はとにかく心を揺さぶられる作品でした。

ぜひ最後までお付き合いいただけますと幸いです。

「僕のワンダフルライフ」あらすじ

大好きな飼い主にまた会うために、何度も転生し飼い主を探す犬と人間の絆を描いたストーリーです。

最初はトビーというビーグル犬の子犬として生まれますが、野犬駆除であっけなくその犬生が終わってしまいます。

薄れゆく意識の中、自分はなぜ生まれてきたのか。考えるのでした。

気が付くと、レトリーバーの子犬に転生しており第二の犬生を歩み始めます。

その後イーサンという少年と出会い、ベイリーと名付けられ、二人はいつも一緒に過ごします。

そして「イーサンこそが自分の生きる目的なのだ」と強く感じていくのです。

その後、ジャーマンシェパードのエリーとして生まれ変わり、警察犬としての犬生を全うします。

続いて、コーギーのティノとして生まれ変わり、内気な女子大生を幸せへと導きます。

どの飼い主もどの犬生も幸せでしたが、「イーサンに会うんだ」という揺るがない意思のもと再び転生し、ミックス犬に生まれ変わります。

今度は飼い主がいない犬になったベイリーは、イーサンを探しに出かけるのです。

「僕のワンダフルライフ」原作・監督・キャスト

原作

W・ブルース・キャメロンの小説「野良犬トビーの愛すべき転生」

監督

「ショコラ」や「HACHI 約束の犬」を手掛けたラッセ・ハルストレム

キャスト

ベイリーの声:ジョシュ・ギャッド

イーサン: デニス・クエイド/ K・J・アパ/ ブライス・ガイザー

ハンナ: ペギー・リプトン/ ブリット・ロバートソン

「僕のワンダフルライフ」感想(ネタバレあり)

これは泣く。犬を飼っていればなおさら泣く。

どの犬生でも、終わりを迎えた時に必ず号泣。計4,5回泣いています。

見終わった後、感動しすぎて実家の犬「チワ姉」に会いに行きまた号泣。(映画公開当時はまだ現相棒のチワ坊はいなかったため。)

この子もベイリーのように私のことを思ってくれているのかな。

どこかのワンちゃんの生まれ変わりなのかな。

死んだらまた私のところに戻ってきてくれるかな。

そんなことを考えながらチワ姉を撫で、また号泣。

撫でさせてはくれるものの、ものすごく冷めた目で見られたのを覚えています。

ベイリーとイーサンの物語だけでなく、犬と飼い主の物語

ベイリーが転生を繰り返しイーサンを探すというのが主軸のストーリーですが、

どの犬生でも飼い主との絆が深く強く描かれています。

そこまで忠誠を尽くすか。という程の忠犬っぷりです。

家族、その恋人、自分が仲間だと認識した人間に危険が迫っていたり、辛そうにしているときは、自分の身を顧みずに果敢に飼い主を守ります。

特に警察犬のエリーの時は勇敢でした。

バディであり、飼い主であるカルロスの命を守っただけでなく、妻に先立たれ孤独だったカルロスの心を癒す存在になるのです。

個人的にはエリーの殉職シーンが一番泣きました

エリーが打たれてしまった時のカルロスの表情、行動、言葉全てがもう辛くて辛くて…

ベイリーもティノも老衰で家族に看取られて亡くなったのですが、エリーだけは突然の死だったので、観ている私も受け入れられず。

わが子たちは殉職することはないですし、もし何かあったら私の身を盾にして守ろうと思ってますが、

散歩中の事故とか、誤飲の中毒とか、日常生活にもあり得る話ですし、

とにかく、家族が突然いなくなるというのは耐えられないだろうなと。号泣。

ベイリーとイーサンの再会

物語のクライマックスです。

ミックス犬として放浪していたベイリーがイーサンと再会し、ベイリーだと気づいてもらうまで。

ベイリーの思いが届く瞬間は一番の見どころです。

にしても機転の利く頭のいい犬だなぁと感心してしまいます。

おそらく人間でもそんな機転は利かないぞ。

最後の「ベイリーベイリーベイリー」のシーンは、同じくラッセ・ハルストレム監督の映画「HACHI」でのリチャード・ギアの「HACHI!」を思い出しました。

ダンディおじさま×犬の組み合わせ最高。

最後のご挨拶

「僕のワンダフルライフ」の続編にあたる「僕のワンダフルジャーニー」が公開中です。

また、続編の公開にあたって9/27の金曜ロードショーで「僕のワンダフルライフ」が放送されます。

ぜひ、1作目を見て劇場で続編もお楽しみください!

ハンカチの準備をお忘れなく。

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

愛彩

コメント

タイトルとURLをコピーしました